林試の森公園でいつものメンバーとプレイデート

 

今日は林試の森公園でプレイデートでした!

梅雨の前の貴重な晴れの日曜日。

比較的過ごしやすい気候で、林試の森公園の木陰に助けられながら楽しく遊んだ一日でした。

 

 

メンバーは安定のメンバーで、6歳3歳姉妹ちゃん、6歳ちゃん(7歳になった?!)、長女と同じ誕生月の4歳ちゃんと、今日は4歳ちゃんの弟くんも来て賑やかな日でした。

 

いつものメンバー、といいつつ、みんな最近は年度末年度初めということもありバタバタしていたのでこのメンバーが揃うのはなんだか久しぶり。

長女よりウキウキしている母でした。

 

我が家はいつもの如く最初に到着。(10時45分頃)

虫取り網でちょうちょを追いかけていると、同じスクールのお友達を発見!

他の子が来るまでの20分ほど一緒に遊んでいただきました。

 

スクールのお友達も別のお友達と来ていたのですが、今はクラスが違うといえど元クラスメイトの絆は固いようで・・・

11時過ぎに6歳ちゃん3歳ちゃん姉妹が来てもしばらく二人は離れたがらなかったのでちょっぴり焦りました。

 

やっとプレイデートができると思ったら、今度は6歳ちゃんの元幼稚園のお友達と遭遇して、しばらく連れられてしまったり・・・。

 

広くて遊びやすい公園なぶん、こういうこともあるんだなーと学びました。

 

 

11時半頃には全員集合し、いざプレイデート!

 

 

 

・・・・が、長女の様子がなんだかおかしく、なかなか輪に入れない。

 

あとあと振り返ると、お腹が空いていて機嫌が悪かったようで、かなりテンションが低かったようです・・・・。早く気づいてあげられればよかった。

 

ご飯を食べると、元気になってくれて良かったです。

 

 

それでもしばらく一人で滑り台をして遊ぶなど、若干交流が少ない感じが気になりましたが、みんなで会うのも少し久しぶりだったし、年齢的にもみんなで遊ぶ楽しみと同じくらい公園そのものをエンジョイしてるのもそれはそれでいいか、と見守り続けました。

 

 

後半はすっかり輪に入ることができて、一緒にたくさんおしゃべりしていてくれて本当に安心しました!

 

 

 

おやつの時間にはみんなで一緒にElephant and Piggieの絵本を音読するなどもでき、楽しかったです。

 

この絵本は私が持って行ったのですが、以前なら長女は「自分の絵本だから人には読ませない!」「読まないで!!」と頑なに拒否していたのですが、今回はすんなり貸してくれ、姉妹の6歳のお姉ちゃんとElephant役とPiggie役に分かれて一緒に音読することもでき、何気ないシーンに大きな成長を感じました。

 

たっぷり遊んで16時には解散。

 

後半2時間ほどは大半の時間を子どもたちだけで過ごしてくれ、時々偵察するも子どもたちは非常にナチュラルに英語でコミュニケーションを取っていて母たちは関心するばかりでした。

 

子どもたち同士で過ごしてくれるおかげで、母たちは育児の悩みを打ち明けたり英語育児を進める中でのいろんなコツを共有したりすることができて、有意義かつストレスもたっぷり解消。リフレッシュさせてもらいました。

 

 

さ、読書も頑張らないと!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語絵本の読み聞かせ会プレイデート

 

今日は長女と、元クラスメイトちゃんとのプレイデートでした!

bari-career.hatenablog.com

 

本当はGWに会う予定でしたがお相手が体調不良により延期に・・・

 

今日は元々長女と私の二人で近所の図書館の英語絵本の読み聞かせ会に行く予定だったので、それに合わせてもらって公園遊び→読み聞かせ会→ランチをしてもらいました!

 

前回以上にお相手が日本語炸裂だったので序盤は少し焦りましたが、前回同様ランチタイムにはご機嫌になり英語で受け答えしてくれるようになり嬉しかったです。

 

それにしても、相手のママが帰国子女なのでたくさん話しかけてくださり助かります、、、!

ああ〜こういえばいいんだ!という発見がたくさん。

 

 

 

読み聞かせの会自体は思った以上にたくさんの絵本や手遊び歌を用意してくれて、楽しめました。

英語をしっかりやっていそうなご家庭は多くなく、多くがまだ小さいお子さんで、知育の一環的な感じできているのかな?と思いました。

そもそもこのイベントのお知らせにたどり着くのがかなり困難で、せっかく素敵なイベントなのにもったいないなあと思います。

 

定員45名ということで、時間ギリギリになって少し焦ったのですが、余裕で入れたのは助かりましたが・・・

 

年に一度のみのイベントということで、貴重なタイミングに参加できてよかったなと思います。

 

読み聞かせしてくださる方はボランティアだそうで、フィリピン人の方と、4〜12歳までアメリカで過ごした帰国子女の方でした。

 

 

室内写真不可だったので、覚えているコンテンツはこんな感じ・・・

 

Open Shut Them

Today Is Monday

Allie the Gator and Her Treat

How Far Will a Rubber Band Stretch?

TITCH

Head, Shoulders, Knees and Toes

 

 

ボランティアの方の連絡先もゲットしたので、これから家庭教師をお願いするところです。

結果やいかに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 次女・1歳3ヶ月(2024年4〜5月) 成長の記録

次女・1歳3ヶ月(1歳クラスの4〜5月相当)

 

 5/17で1歳4ヶ月になりました!

1歳3ヶ月の1ヶ月間の振り返りをしたいと思います。

(昨日更新したかったのに、私が風邪をひいてしまい倒れていました、、、)

 

普段の様子や発達の変化

身長は約74cm、体重は約9.1kg。

成長曲線の真ん中よりやや小さめかな?という感じ。

あれだけ食べているのに体重が普通ということに驚きました。

 

洋服のサイズは70cmがジャストのものが多いけど、ものによっては80cmも着こなせるようになってきました。

 

とにかく食欲がすごい

もうとにかく食べる、食べる、食べる。

長女のときも1歳から2歳になるくらいまではよく食べるなあと思っていたけれど、さらによく食べている気がする。

そして好き嫌いも多いので、食べさせるのに一苦労。。

 

好きなものはバナナ、さつまいも、パン。

そのほかのものは日によって食べたり食べなかったり。

長女は全く好き嫌いせずなんでも食べる子だったので、次女の好き嫌いには手を焼いています。

 

階段を降りられるようになった

補助なしで階段を降りることができました。

よいしょ、としゃがんで片足をおろして、立ったまま二足歩行で会談を降りることができます。つい先月までは両手を支えてあげて、踏み外すように階段を降りていたのになあ。。

 

噛む、つねる・・・・汗

そこそこ頻繁に長女と喧嘩(物の取りあいなど)をするのですが、その際に姉を噛んで応戦!長女は号泣。

バイオレンスな対応はやめてほしい・・・

やめてね、と伝えてはいるものの、果たしてどこまで伝わっているか。

保育園でお友達を噛んだりしないことを祈る。

 

コミュニケーションがより取れるように

次女がこちらの言うことを理解しているなーと感じることが増えました。

ごちそうさまだよ〜と声を掛けるとまだ食べたいというようにぷいと顔を背けられたり、待って!というとニヤニヤしながら走り去って行ったり。。。

 

コップ飲みが上達(悲願)

一応コップ飲みできるけれど嫌がって飲んでくれない感じだったのですが、ようやく飲んでくれるようになりました。

やっとミラクカップが役に立つときが来たw

これから暑くなるのでどんどん水分補給してもらわないと・・・

 

 

睡眠

最近は5時半起きが定着してしまって、、

保育園や家での昼寝は2時間くらいしてくれて、

夜は19時半頃就寝なので、合計12時間くらいは寝ているかな?

本当はもう少し朝まで寝てくれると嬉しい!

 

 

絵本とおもちゃ

最近はあまりじっと座ってくれないので絵本は読めず、、、

長女のpeppa pigの絵本を持って走り去っていく姿しか思いつきません。笑

 

おもちゃは相変わらずスタッキングカップでよく遊んでいるほか、

おままごと用のフルーツや野菜などを剥がして遊んでいます。

これと一緒にセットで買ったやつ。

 

 

 

 

この一ヶ月はキャンプや伊豆旅行に行くなど、楽しい思い出も作ることができました!

 

bari-career.hatenablog.com

 

bari-career.hatenablog.com

 

2024年ゴールデンウィーク 伊豆旅行の記録

 

2024年5月2日から4日までの2泊3日で、伊豆に家族旅行に行きました。

 

旅程

DAY 1 都内の自宅→富士サファリパーク→宿

DAY 2 宿→伊豆シャボテン動物公園→宿

DAY 3 宿→  中伊豆フィッシュファーム →都内の自宅

 

 

富士サファリパーク

私にとっても初めての富士サファリパークでした。

夫が11時のサファリバスの予約をしてくれていたので、8時15分頃には自宅を出て、余裕をもって10時過ぎには富士サファリパークに着くことができました。

 

バスの時間まではバス停の近くにあった動物と触れ合えるコーナーで動物たちにエサをあげて楽しみました。

 

ヤマアラシ

 

モルモット

 

色々巡ったあとに戻ってきたところ、午後には動物たちみんなお腹いっぱいでエサやりできなかったので、先にエサやりできてよかったです。

長女はモルモットが気に入ったようで、エサをあげながらちょこんと触れて嬉しそうでした。

エサやりタイム終了後はモルモットたちは台の下に隠れてしまって触れませんでしたが、午前中に触れたからいいよ〜と納得していたようでした。

 

同じエリアにシロカンガルーもいてエサを用意しましたがお昼寝中だったのでこちらはノーリアクションに終わりました。

 

エサ代はどれも100円で、翌日訪れた伊豆シャボテン動物公園よりかなり良心的な価格設定でした。

 

 

サファリバスでは、バスの中からクマ、ライオン、ラクダにエサをあげることができます。

本当に信じられないくらい近くて、大迫力でした。

 

次女はあまりよく分かっていなかったようで、お腹が空いたーと後半はずっと怒っていました、、

 

エサをあげる以外にも20種類ほどの動物を見ることができ、バスの運転手さんが「耳が小さいのはアジアゾウという種類なんです」「チーターの目の下の黒い模様はティアーズラインと言って日差しの照り返しを防ぐためにあります」「●●(忘れた)の雌は飼育員さんに彼女ができると敏感に感じ取って、ヤキモチを焼いて言うことを聞かなくなったりします」「カピバラの温泉とよく言いますが、カピバラは水に浸かって排泄をしているので、脱糞してたりします。お風呂上がりは汚いので要注意!」などなど真面目な情報から笑える豆知識まで余すことなく披露してくれるので大人も大変楽しめました。

 

宿へ

お宿は夫婦二人で訪れたことのある修善寺 菊屋さんです。

数年前に共立リゾート傘下に入ったとのことで、施設の修繕などが入ったとスタッフの方がおっしゃっていました。

 

以前にはなかったドリンクサーバー(アルコールも!)が共用部にできていたり、タオルには大きく「共立リゾート」と書いたタオルが備え付けられていたり…と、良くも悪くもマイナーチェンジはありました。

しかし変わらずお食事はとても素晴らしかったです。

 

 

 

2日目の夜は夜鳴きそばもしっかりいただきました。

 

伊豆シャボテン動物公園

 

2日目は伊豆シャボテン動物公園に行きました。

2021年1月、長女が1歳3ヶ月の頃に一度家族で行った以来3年ぶりの訪問でした。

 

今次女がちょうど1歳3ヶ月なので、長女と同じ月齢での訪問となりました。

 

園内ではあちこちで動物に餌やり体験ができるので、カワウソ、リスザル、アヒル、リクガメ、マーラ…と10種類くらい餌やりを楽しめたのではないでしょうか。

 

 

 

 

長女が前回来たときのお気に入りスポット、カンガルーの谷でカンガルータッチするのを楽しみにしていました。

ここで時間は起きた、、笑

 

前日からパパに「明日はソフトクリームを食べようね」と言われて楽しみにしていた長女。

早く食べたい!ということでソフトクリームを食べながら園内奥のカンガルーの谷まで歩かせました。

カンガルーの谷までに食べ切ることができなかったのでそのままたべかけのソフトクリームを持ち込む長女。

 

するとエミューが近寄ってきて、長女のソフトクリームを狙い撃ち!

この距離まできましたよ、、、笑

 

逃げ惑う長女。笑

 

このあとカンガルーにも餌をあげて楽しみ、

水鳥の餌やりをしているところでまたエミューに襲われました。笑

 

カンガルーの谷に響き渡る大声で泣いたため、カンガルーの谷を出たところで何人かに「大丈夫だった?」「怖かったね」と声をかけてもらいました。

 

私たち親をはじめとして周りは大爆笑でしたが、長女は「もうあそこにはいかない」と言っていて、すっかりトラウマになってしまったようでした。

 

そのあとはカピバラを見たり(富士サファリパークで聞いたとおり、カピバラのお風呂はめちゃくちゃ汚かった!)、レッサーパンダを見たり、リスザルの餌やりをしたりしてすっかり案内を満喫しました。

 

園内のギフトショップで長女にフェネックのぬいぐるみを、次女にフクロウのぬいぐるみを買いました!

長女はとても気に入ったようで、ぬいぐるみランキングが更新されました。

旧)

カンガルーの赤ちゃん→はなちゃん→しまじろう

新)

フェネック→カンガルーの赤ちゃん→はなちゃん

 

しまじろうが寝室に行かない日が来るとは…

 

 

マス釣り

最終日は中伊豆フィッシュファームでマス釣りをして帰宅しました。

焼いたマスを長女も次女もバクバク食べていて楽しそうでした。

(次女は釣りの間ずっと寝ていたので、私と車内で留守番でしたが)

 

帰りは足柄パーキングエリアに寄って少し体を動かして、お昼を食べて帰宅しました。二人とも車内で爆睡してくれて助かりました。私も爆睡しました。3日間運転を頑張ってくれた夫に感謝です。

 

一時は危うい天気予報でしたが、すっかり快晴に恵まれて楽しいゴールデンウィークの思い出になりました。

 

 

旅行の間は英語育児はおやすみ。

一応英語の絵本をいくつか持っていったので、宿での休憩時間と入浴後のドライヤーの時間、行きの車内で一冊だけ読んでました。

 

移動の車内や夕食までの時間潰しでoctonotesなども少し観ました。

帰宅したらまた読書を進めていきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長女・4歳5ヶ月(2024年4月度) 成長と読書の記録

2024年4月30日/ 年中の4月

 

4歳6ヶ月になりました。4歳も折り返しですね。

4歳5ヶ月の1ヶ月を振り返っていきたいと思います。

 

成長の記録

進級して年中の学年になりました。

長女のスクールは生徒数が多いため毎年クラス替えがあります。

年々少、年少と同じクラスだった親友ちゃんとクラスが分かれてしまいました。

 

年少に進級した際は赤ちゃん返りもあったのか、2〜3ヶ月ほど大号泣しながら登園していたため、今年も覚悟をしていたのですが、驚くほどあっけらかんとした様子で登園しています。

次女が保育園に通うことになり私の復職もあったので環境の変化としては大きく、非常に心配していましたが、約一ヶ月が経過した今のところは特に大きな事件もなく淡々と登園しています。(母が出社や飲み会でいない日のやさぐれっぷりは相変わらず激しいようなのですが。。)

 

 

最近見られる変化といえば、ちょっと食事の集中力がないのが気になるかな?という感じ。以前より少し食べる量や食への興味が薄れたのかしら?

もっと遊びたい!と食事を中断して遊び始めてしまうことが頻繁に・・・というか、ほぼ毎回そうなっています。

 

それでも量はおそらく一般的な子と同じかそれ以上食べているので、栄養面では心配していませんが、とにかく食事の時間がいやに長引くので私はちょっとやきもきしてしまいます。

 

 

また、淡々と通園しているとはいうものの、やはり多少の情緒の乱れはあるようにも思います。

元々の気質もありますが、以前にも増して最近はかなり怒りっぽいような。。

 

次女にとても大きな声で怒りをぶつけたり、

かと思えば、(鼻水の吸引などで)次女が泣いていると代わりに私たちに怒ってきたり・・・

とにかく日々とても騒々しい・・・

 

 

睡眠時間が足りていないかも?

本を読ませることに執着しすぎかな??

降園後など、もっと外遊びの時間を確保した方がいい???

など気がかりでもあります。

 

 

 

発話の変化
  • I've been to〜と言う
    1回だけ笑 やめちゃった習い事の最寄り駅を電車で通りかかったときに、I've been to ●● for my art lesson. 的なことを言われた。
  • 動詞の過去形を用いることがどんどん増えてきた

もっといろいろあったはずなのに、その場でメモせず忘れてしまいがち。。

 

 

一人遊び(家遊び)のときはこんな感じで話しています。

 

youtu.be

 

youtu.be

 

 

相変わらず歌うことも好きなようです。

youtu.be

 

読書記録

和書

相変わらず「かがくのお話」シリーズが好きで、読んでとせがまれます。

他には福音館書店の「こどものとも」シリーズもいくつか読みました。

和書は自分で読みませんね。読み聞かせです。

うんちくん、恐竜、宝石、ねこ、テントウムシのお話あたりがお気に入りかな?

 

 

洋書

自力読み累計語数:100,633語 (前月+49,533)

 

洋書は先月に引き続きしっかり読んでいます。

The Elephant and Piggie Bookはかなり気に入ったようで、elephantとpiggieでそれぞれ役割分担して毎晩ベッドで3冊ほど一緒に読んでいます。

 

 

 

Oxford Reading TreeはStage3はかなりスムーズに読めるようになり、何冊も読みたがるので、Stage4にレベルアップしました。

 

 

40冊くらいあるので、小出しにしていきます。

ORTの語数カウントは今まで平均語数でやっていたのですが、Stage4になると84〜220とかなり語数に差があったので、他の本と同様にタイトルごとにカウントしていくことにしました。excelの行数が一気に増えた・・・笑

 

図書館で洋書を借りるのも再開しました。

今借りているのはこのあたり。

 

定番のbiscuitシリーズは大田区の図書館にも所蔵が多くて、いくつか借りました。

 

他には、シリーズものではありませんが自力読みできそうなレベルのものを借りています。

 

こちらはだいぶ赤ちゃん向きw

今更読むようなレベル感でもないのですが、フラップの絵本なので長女は気に入ったよう。今回借りたものの中で一番多く読んでいるかもしれません。。笑

ORTを中心に手持ちの書物で量(語数)は稼げているので、こういう絵本も楽しみとして入れるのは良いことかなと思っています。

 

会話も一通りベースができた感じがするのでここから先は語彙力もしっかり増やしていきたいと考えつつあります。

普段読まないテイストの絵本や作者のものをどんどん取り入れていこうと思っています。

 

 

こちらは、久しぶりに思い出してFrozenを読んでいる様子。

 

youtu.be

 

youtu.be

 

ここ2〜3ヶ月の間、本を購入する際の条件のひとつが音源の有無でした。

ですが実際に新しい絵本を与えてみると、初見から果敢に読む様子が見られます。

しばしば初見の単語をダイナミックに読み間違えたりあまりにおおらかに読んでいたりするのでそのあたりは軌道修正が必要ですが、読みが進みやすい背景にはもしかしたらスクールでやっているであろうフォニックスの影響があるのかなと思いました。

 

元々フォニックスは読み書きを教えるためのものだそうなのですが、私はつい最近まで発音をよくするための練習法だと思っていました。

ですが、本当にここ1週間くらいの間にフォニックスは読み書きのためのものだ/ 読み書きがあまり進まないのでフォニックスをちゃんとやりたいといったような主旨の話を多方面から聞き、なるほど長女の読みが比較的順調に進んでいる一因にスクールでやっているであろうフォニックスの貢献があるんだろうなと思いました。

「やっているであろう」というのは、私がカリキュラムをきちんと把握していないだけです。。

来月、先生との個人面談があるので聞いてみようと思います。

 

 

図書館の利用について

話は戻って、図書館での洋書の利用について。

 

これまで図書館の所蔵の検索に難儀していたので洋書絵本を図書館で借りるのを諦めていました。

ですが、最近になってくもんに英語図書リストがあることを知ったので、こちらを参考に低レベルのものを片っ端から検索し借りていく作戦にしました。

くもんの英語図書リスト | iKUMON | 公文教育研究会

 

大田区の図書館の所蔵では5割ほどしかカバーされていないのですが・・・

でも、宛もなく探すよりは断然マシなので、一旦このリストで長女が読めるレベルまで探してみようと思っています。

 

ちなみにくもんには日本語の図書リストもあるので、並行してこちらもちょこちょこ借りていこうと思います。

https://www.kumon.ne.jp/dokusho/pdf/suisen.pdf

 

日本語の本は福音館書店こどものともを借りていたのと、次女の保育園で福音館書店こどものともシリーズの購読が可能ということがわかったので、今年からちいさなかがくのともシリーズを購入することにしました。

【3~4~5才向け】ちいさなかがくのとも|月刊誌のご案内|福音館書店

 

これらだけだと色々と不足なのは認識していましたがいかんせん私が日本語の絵本を読み聞かせする時間が取れないのと、こどものともや英語のリーダーズのようにレベル分けされていないので日本語の本を探すのが面倒だなと思っていたのですが、くもんの図書リストは日本語もいい感じにレベル分けされているので大変ありがたいです。

読むか読まぬかはわかりませんが、こちらも下のレベルからくまなく借りていこうと思います。

 

 

 

動画視聴

相変わらず自宅ではお風呂に入る前の15〜30分間の動画視聴をしています。

 

YouTubeでBABY BUS、

NetflixでPeppa Pig, PAW Patrol, Octonauts, bluey, curious georgeあたりを観ています。

 

Peppa Pigは英語かけ流しに最近よく使っているので、その影響もあってか最近になってよく観たがるようになりました。

 

長女が観たがるものを魅せるとBABY BUS, Peppa Pig, PAW Patrolのいずれかになってしまうので、テレビの電源をつける前にOctonauts, bluey, curious georgeをおすすめして誘導するようにしています。

 

 

 

かけ流し

 

最近の英語かけ流しについてはこちらに書いたとおり。

Peppa PigをNetflixアプリのバックグラウンド再生で流すことが多いです。

私は積極的に勧めませんが、長女が聴きたがるのでPAW Patrolを流すこともあります。

 

2〜3週間前まではCaptain Underpantsが多かったけど、すっかり聴かなくなっちゃったなあ。

bari-career.hatenablog.com

 

 

 

その他

 

今月はプレイデートは2回しました!

 

bari-career.hatenablog.com

 

bari-career.hatenablog.com

 

人見知り&場所見知りする長女はイベント系は向かないな〜と思いました!汗

公園で安上がりに遊んでもらおうっと。笑

 

TISのフリーマーケットで購入したPeppa Pigの絵本にハマってくれたので、その後にいい影響はありましたけどね!

 

 

 

英語ではありませんが、家族でキャンプにも行きました。

bari-career.hatenablog.com

 

充実した4月のスタートとなりました。

5月もめいっぱい楽しんでいきたいと思います。

 

 

 

キャンプ@成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場

 

今年のGWはキャンプでスタートです。

 

場所は千葉県にある成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場。

こちらは電源のあるサイトもあり、シャワー室やトイレも比較的清潔なので私はお気に入りのキャンプ場です。

 

とはいえ、3年前のGWにちょうど長女が今の次女と同じくらいの頃に来た以来かもしれません。

 

元々2泊3日の予定でしたが、1日目は雨の予報。

雨天で子供二人を世話しながらの設営や食事の準備はどう考えても大変すぎるので、急遽1泊2日に変更しました。

 

1日目は12時頃にキャンプ場に着いて、夫は設営、私は二人を世話して過ごし、

2日目は隣接する成田ゆめ牧場に遊びに行きました。

 

大量のたんぽぽの綿毛に目もくれず、長女はずっとちょうちょを追いかけては捕まえていました。

2日目には斜め向かいの年長さんの男の子と一緒にちょうちょを採って仲良くなりました。

話してみると、オーストラリアに駐在していて2年ほど前に帰国したのだとか。

彼は向こうで幼稚園にも通っていたそうですが、あっという間に英語は忘れてしまったんですって。

それでも、パパさんの駐在でまた英語圏に行くかもしれない、とおっしゃっていて、ひたすら「いいなあ〜〜〜〜〜」を連発してしまいました。笑

 

人見知りの長女ですが、この場限りでもこんなふうに仲良くなれる子が見つかって良かったなと思いました。

 

 

次女の方は・・・家で過ごすときと変わらずとにかくひたすら食べる、食べる、食べる。

 

一番驚いたのは、2日目の牧場でのお昼ご飯。

夫がキャンプサイトの撤収をしている間に3人で牧場に行きました。

 

私と長女はピザ屋に入ってピザとフライドポテト、飲むヨーグルトなどを注文し、次女にはベビーフードを。

 

しかし、私がピザやポテトを食べているのを見るなりベビーフードを食べるのを拒否し始めました。

 

仕方ないのでピザやポテトを試しに与えてみると、まあ食べること食べること。。。

 

塩分とかカロリーとかはとても気になってしまいましたが、まあ今日だけということで・・・。

おいしそうに食べる次女の姿がとてもかわいかったです。

 

夫も合流し、長女が坂滑りの遊びを楽しんでいる間、

私と次女は近くのうさぎ小屋に入ってうさぎを眺めてみましたが、次女は一瞬で飽きてしまいました。苦笑

 

 

長女はヤギに餌やりもしました。

これまでに何度も動物の餌やりをやっているので、堂々と手慣れた様子で手を伸ばしており、恐る恐る手を伸ばしていた頃のことが懐かしく、成長を感じました。

 

一方の次女は、餌もないのにヤギの口元に手を伸ばすので食べられないように遠ざけるのですが、次女はヤギに触りたかったようで何度もトライしていました。

 

 

 

 

ドタバタと過ぎた2日間でしたが、楽しい思い出になりました。

 

これからも自然に触れられるような遊びをたくさんできたらいいなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の英語かけ流し

 

英語のかけ流し教材については以前にこちらの記事に書いたとおり

bari-career.hatenablog.com

ですが、ここのところはNetflixのアプリをバックグラウンド再生して、映像を見せずにpeppa pigのアニメの音だけをひたすら流しています。

 

というのも、長女はかなり自力読みが進んでいるので最近はあまり朗読CD/音源の出番がなく、何を流そうかなーと思ったときに思いついたのが会話の強化でした。

 

最近は母と積極的に英語で話したがる、かと思いきや、全然話さない日も。

そろそろ私の会話のバリエーションの少なさに気づいてしまったのでしょうか。

元々英語育児を始めたモチベーションも、人と英語でコミュニケーションが取れるようになってほしいというのが第一だったので、日々のやり取りはできるようになってほしいなと思い、1番生活に近い会話が繰り広げられているであろうpeppa pigをかけ流し教材に選びました。

 

 

たまたま、なんですが、こんな記事も見つけて、peppa pigの優秀さを再認識!

 

bilingualscience.com

 

『Peppa Pig』の番組には、幼児の英語学習を助ける重要な要素がいくつかあります。最もよく使われる2,000語は、英語を学ぶうえで重要な構成要素です(O’Keeffe, McCarthy, and Carter 2007)。したがって、英語学習のプログラムが効果的であるためには、この2,000語の大部分が含まれていなければなりません。

最近のある研究では、『Peppa Pig』の番組で使われている英単語がBritish English National Corpus(イギリス英語の書きことば、話しことばを大規模に記録したデータ)と比較されています。結果、『Peppa Pig』には、イギリス英語で最も頻繁に使われる2,000語の80%以上が含まれていることがわかりました (Scheffler, Jones, and Domińska 2021)。

ほかにも、『Peppa Pig』で使われている英語には、明瞭でゆっくりとした話し方である、重要な単語やフレーズが繰り返される、冠詞や前置詞などの文法的な単語が非常に頻繁に使われている、といった特徴があります。『Peppa Pig』では、「What are you doing?(何をしているの?)」 のような定型文が繰り返し使われていますが、これは暗示的な学習を促進します(Ortega 2013, 114–16)。

ある特定のフレーズが文脈の中で繰り返されると、そのフレーズがほかのフレーズをつくるための構成要素になることがわかります。例えば、「What are you doing?(何をしているの?)」の「What」は、「What are these?(これらは何ですか?)」や「What is this?(これは何?)」でも使われます。このようなことへの気づきは、学習者が文法知識を構築するための出発点となります。

 

しばらくはpeppa pig中心にかけ流ししていこうと思います!